肌のくすみの原因はメラニン色素┃ターンオーバーを促進しよう

女性

肌が敏感な状態

スキンケア

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下することでさまざまな肌トラブルが起きやすい肌の状態のことをいいます。改善するためには、質の良い睡眠やバランスの取れた食事などの内側のケアと、保湿成分を補うことのできるスキンケア用品を使うなどの外側からのケアが大切です。

もっと読む

肌の老化を防ぐケアの方法

化粧品

スキンケアの方法を工夫するだけでも、肌の老化を防ぐことは可能です。紫外線対策をしたり、保湿に優れた化粧品を使用したり、若いうちから気を付けているといつまでも若々しい肌でいられます。また、セラミドやヒアルロン酸などアンチエイジング用の化粧品の利用も効果的です。

もっと読む

正しい選び方

肌ケア

ビタミンc誘導体は正しい知識を持って使うことが大切です。ビタミンc誘導体には水溶性、脂溶性、両用性があり、それぞれで肌への働きかけが違います。最初は肌に負担にならない低濃度のビタミンc誘導体化粧水を使うことが大切です。

もっと読む

白さを維持するために

女性

古いメラノサイトを除去

肌は、ケラチノサイトやランゲルハンス細胞など、複数の種類の細胞で構成されています。その中には、メラノサイトと呼ばれている色素細胞もあるのですが、これは日々メラニン色素を作り出しています。このメラニン色素が増えすぎることが、くすみの原因となっています。メラニン色素は、メラノサイトが長生きすればするほど、多く作られるようになります。そのためくすみ予防には、メラノサイトを長生きさせないようにするため、基礎化粧品でターンオーバーを促すことが有効となります。ターンオーバーによって肌で新しい細胞が作られるようになれば、古いメラノサイトは除去されていくのです。また、作り出されたメラニン色素も、一緒に除去されていくことになります。そのためターンオーバーを促す基礎化粧品は、くすみの解消のためにも使われています。

刺激から守ることも大事

ただし、ターンオーバーによって生み出された新しいメラノサイトも、刺激を受けることで、メラニン色素を多く生み出すようになります。そのためくすみ予防には、古いメラノサイトを除去するだけでなく、新しいメラノサイトを刺激から守ることも肝心となります。具体的にはメラノサイトは、メイクや紫外線による刺激を受けることで、メラニン色素を作り出します。したがって日頃から、低刺激なメイク化粧品や、紫外線をカットするローションやクリームを使用していると、くすみは防がれやすくなります。また、洗顔やクレンジングも物理的な刺激を肌に与えます。そのためゴシゴシとこすって洗うのではなく、優しく肌になじませて、その泡で汚れを浮き上がらせるようにして洗うことが大事です。